KURURUとは?

KURURUの種類

ICカードKURURUは、一般カードのほか、割引運賃が適用される小児用・障害者用カードがあります。また、無記名式カード以外は、盗難や紛失の際に再発行できます。残額・ポイントも引き継がれます。

一般カード

無記名式一般カード
  • KURURU取扱窓口のほか、アルピコ交通及び長電バスのバス車内でも購入できます。
  • 氏名等を登録せずに購入できます。
  • 再発行はできません。
記名式一般カード(カードに氏名と性別が記載されます)
  • KURURU取扱窓口にて販売します。
  • ご購入時に、氏名・性別・生年月日等をご登録させていただきます。
  • 記名人本人のみご利用になれます。

小児用・障害者用カード(自動的に割引運賃が適用されます)

小児用カード
  • バス事業者が設定する小児運賃が、自動的に適用されます。
  • 発行の際には、記名人本人の健康保険証などの生年月日がわかる公的証明書が必要になります。
  • 小児用カードの有効期限は12歳の4月1日までとなります。有効期限を過ぎたカードは、ご利用できませんので、KURURU取扱窓口で、大人用に変更してください。
障害者用カード(小児障害者・障害者介護者カードを含む)
  • バス事業者が設定する福祉割引運賃が、自動的に適用されます。
  • 発行の際には、障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳)が必要になります。
  • 有効期限はありませんが、バスを降車する際、手帳を乗務員にご呈示ください。
  • 障害者介護者カードは、障害者割引が適用される障害者と同時に同一区間を乗車する場合に限り、ご利用いただけます。
  • 障害者介護者カードは、障害者本人がカードをつくり、その介護者が使用することができます。

定期券

ICカード定期券は、継続時にも券面を書き替えることで、1枚のカードでくり返しお使いいただけます。

  • 定期券は、新規にご購入いただくか、お手持ちの記名式カードを定期券にすることもできます。
  • 無記名式カードとおでかけパスポートには、定期券を搭載できません。
  • 記名人本人のみご利用になれます。
  • あらかじめチャージしておくことで、定期区間外のご利用時も、自動的に乗り越し運賃が精算されます。
  • 1ヶ月券、3ヶ月券、6ヶ月券があります。
  • ご利用開始日の14日前からご購入いただけます。継続の場合も同様です。
  • 紛失や盗難の際は、再発行が可能です。
  • 定期券を使わなくなっても、そのまま記名式カードとしてご利用いただけます。なお、カードを窓口へお持ちいただければ、券面の定期情報を消すこともできます。
  • 「バスで学校」などの特別な定期券もICカードに変わります。(長電バスの電車・バス乗継定期、市営バス、乗合タクシーの定期は、ICカードではなく、紙の定期券で従来どおり発行されます。)
  • エコ定期※は、記名本人のみの適用となります。同乗の家族には適用されません。
  • 松代通勤ライナーでご利用いただける定期券は、松代全線定期のみとなります。
  • 長野市循環バスぐるりん号では定期券は使用できません。
※エコ定期
通勤定期をお持ちの方は、土曜・日曜・祝休日・年末年始(12/29〜1/3)・お盆(8/13〜16)に定期券区間外を乗車する際、1回100円でご利用いただけます。
アルピコ交通・長電バスのKURURUが使える路線バス・市営バス大岡篠ノ井線が対象です。

おでかけパスポート

おでかけパスポートは、長野市内に住所のある70才以上の方がご利用いただけるカードです。
通常のカードに加え、障害者用のおでかけパスポートもあります。
発行方法など、詳しいことは長野市役所高齢者福祉課(026-224-5029)へお問い合わせください。

  • 乗車区間の通常運賃に応じて、市内1乗車110円〜200円の割引運賃(利用者負担額)が自動的に精算されます。長野市外まで乗車される場合は、利用者負担額と市外の区間運賃の合計が精算されます。
  • 乗車区間の通常運賃に応じた割引運賃(利用者負担額)[PDFダウンロード
  • ご利用資格を満たす方には、高齢者福祉課よりご通知が送付されますので、発行の手続きをしてください。
  • 障害者用おでかけパスポートの発行の際には、各種障害者手帳のご呈示が必要になります。有効期限はありませんが、バスを降車する際、各種障害者手帳を乗務員にご呈示ください。
  • カードを呈示して現金でお支払いすることはできません。残額が不足した場合は、必ずチャージをしてご利用ください。
(単位:円)
乗車区間の通常運賃に応じた割引運賃(利用者負担額)
通常運賃 150

380
390

410
420

440
450

480
490

510
520

540
550

580
590

610
620

640
650
以上
利用者負担額
(割引運賃)
110
(最低
負担額)
120 130 140 150 160 170 180 190 200
(上限額)
※平成27年10月1日から適用